草の根金融研究所「くさのーね」特別セミナー「草の根金融の志を語る2019」(7/31・東京)

「くさのーね」の活動をリスタートするため、セミナーを開催します

私こと多賀が、「草の根金融研究所『くさのーね』」代表として独立してから3年余りが経過しました。
この間、「くさのーね」は多賀の中小企業診断士活動の屋号と化しておりましたが、本来「くさのーね」は個人の活動にとどまらず、草の根からソーシャルファイナンスを推進し、資金面からNPO/ソーシャルビジネスを支援しようという、志を同じくする仲間と、調査研究や事業活動を進めることを指向していました。
こうした思いの下、今回、私自身の問題意識や活動のビジョンについてお話しし、活動の方向性を共に考えるセミナーを企画しました。
私自身としては、以前直腸がんで倒れたこともあり、このセミナーを遅ればせながらの「再起戦」と位置付けています。

このセミナーにより、仲間の輪が形成されれば、まずは小さなところから
・定期的な公開研究会の開催
・テーマ別の研究(事業開発)グループ
を形成し、継続的な活動につないでいきたいと考えているところです。
ソーシャルファイナンス、NPO/ソーシャルビジネス支援、草の根からの金融・経済改革などにご関心のある多くの方のご参加をお待ちしています。

広報文

(転送・シェア歓迎&重複失礼します)
==============================
志ある仲間と草の根金融の新地平を拓く! 特別セミナー
「草の根金融の志を語る2019」
7/31@東京
==============================
独立から3年経過した多賀俊二が、独立後3年の活動について報告し、草の根金融・ソーシャルファイナンスの今後について問題提起します。そのうえで、今後の「くさのーね」の活動である(1)草の根金融の調査研究・推進活動、(2)NPO・ソーシャルビジネス等の「お金の問題」を解決する事業開発について、参加者の皆さんとともに考えます。
(多賀俊二ホームページ「お知らせ」)
http://tagashunji.net/archives/319

(チラシURL)
http://tagashunji.sakura.ne.jp/documents/20190731seminar_flyer.pdf

1.開催概要
●日 時
(1)2019年7月31日(水)14:00~16:00
(2)2019年7月31日(水)19:00~21:00
(内容は同様のものですので、ご都合の良い方にご参加ください)

●場 所
会場:四谷地域センター 集会室4
東京都新宿区内藤町87番地 四谷区民センター11F
◇地下鉄 丸の内線「新宿御苑前」徒歩5分
◇都バス 品97新宿駅西口-品川車庫
「新宿一丁目」バス停徒歩1分
http://ycc.tokyo/about.html

●講 師:
多賀俊二(草の根金融研究所「くさのーね」代表、中小企業診断士、准認定ファンドレイザー)

●主 催:草の根金融研究所「くさのーね」

●参加費:1,000円(実費見合い額)

2.主なプログラム
● 「くさのーね」の3年間を振り返る
● ソーシャルファイナンスの現状を斬る!
● 「くさのーね」はどのように草の根金融を推進するか
● 「くさのーね」はいかにNPO・ソーシャルビジネスの「お金の問題」を解決するか
● 「チームくさのーね」で一緒に汗を流すご提案
● (ミニワーク)草の根金融の未来とあなたができること

3.お申込み
下記「こくちーず」ページ上のフォームに必要事項をご記入いただき、ご送信ください。下記4.のボランティアの申し込みも、こちらからお願いします。
https://kokucheese.com/event/index/572576/

または、件名に「7月31日「くさのーね」セミナー参加希望」とお書きのうえ、以下の必要事項を書き、
mailto:taga@e-mail.jp
まで、メールにてお申し込みください。
(必要事項)
お名前、ふりがな、携帯電話、参加回(14時の回/19時の回の別))、開催支援ボランティア(希望する/希望しない)

4.ボランティア募集
本セミナーをボランティアで手伝ってくださる方を募集します(限定各回2名、過去の「くさのーね」セミナーのボランティア経験者優先)。
業務内容:会場設営補助、受付補助、記録補助等セミナー開催支援
メリット:本セミナーの参加費を無料にします。
お申込み:上記こくちーずのフォーム上の「開催支援ボランティア」のところ(またはお申込みメールの「開催支援ボランティア」)で、「希望する」を選択し、ご表明ください。

5.お問い合わせ
草の根金融研究所「くさのーね」(多賀)
E-mail:taga@e-mail.jp
電話:080-1142-3783
多賀俊二ホームページ http://tagashunji.net/

6.開催にあたって
● 多賀俊二、「くさのーね」キックオフ直後に直腸がんで倒れる
私こと多賀俊二は、2016年4月に草の根金融研究所「くさのーね」という商号で独立創業し、2017年2月28日・3月1日・3月5日には、キックオフセミナー「草の根金融の志を語る」を行い、その後数回の自主セミナーを重ねました。
しかし、2017年6月15日に大量の下血で倒れ込んでしまい、入院して検査したところ、進行直腸がんであることが判明し、11月21日に手術を行いました。

● 手術から1年半:「くさのーね」の原点に帰り、再起戦を行います
手術後、私は主に中小企業診断士としての力量を向上させ、コンサルタントとしてのの商材を確立するため、補助金・助成金申請支援、M&A支援、クラウドファンディング支援、経営計画の公的認定支援、創業支援などに、前広に取り組んできました。
今後はこれら各種サービスを「くさのーね」のサービスメニューとして確立すると同時に、「くさのーね」創業の原点に帰り、
・草の根金融の調査研究・推進活動を積極的に行う
・NPO・ソーシャルビジネス等の「お金の問題」を解決する事業開発を進める
ことに注力したいと考えています。
その第一歩として、これまでの活動についてご報告し、今後のソーシャルファイナンスと「くさのーね」のあり方についてともに考える、再起動セミナーを企画しました。

● 経過とビジョンを語り、未来を共に考えましょう
セミナー当日は、これまで3年余りの活動を振り返ったのち、草の根金融・ソーシャルファイナンスの現状と課題を私自身の観点から展開したうえで、課題解決のための「くさのーね」の取り組みや、今後の展望について話します。
後半では、話した内容をベースとして、参加者の皆様とともにミニワークを行い、草の根金融のあり方を考えたいと思います。そのうえで、今後の具体的な活動について、ご相談させていただければと思います。
皆様のご参加を、心よりお待ちしています。

7.講師プロフィール
多賀俊二(草の根金融研究所「くさのーね」代表、中小企業診断士、准認定ファンドレイザー)
1965年広島生まれ。金融機関の業界団体での勤務を経て、草の根金融(NPOバンクや市民ファンドなど、社会課題を解決するため、一般の人が行う手作り金融)の普及による社会課題解決をめざし、2016年4月独立。NPO・ソーシャルビジネスの資金調達や、ソーシャルファイナンスに関する講演・執筆実績、NPO・ソーシャルビジネス・中小企業の資金調達支援実績多数。